記事一覧:タグによる絞り込み [9件]

20周年を迎えた「シネマルナティック」での上映 / 2014年09月27日(Sat)

『旅する映写機』の撮影を始めたばかりの時に伺った「シネマルナティック」は、館主の橋本達也さんが一人で切り盛りしている映画館でした。走る橋本さんを追いかけて走ったことを懐かしく思い出します。そして、この経験から単に動いている映写機を記録するのではなく、映画を見せるために奮闘している人たちも記録したいと思ったのでした。 ... 続きを読む

[2015/05/30(Sat)]

朝日新聞埼玉版に紹介されました! / 2014年05月22日(Thu)

いよいよ、「川越スカラ座」の上映が近付きました。2014年5月24日(土)~ 6月6日(金) それを目前にして、『旅する映写機』の紹介記事と「川越スカラ座」の上映情報が、朝日新聞埼玉版に掲載されました。 ... 続きを読む

[2014/05/22(Thu)]

「映画撮影」200号に原稿を書く / 2014年03月21日(Fri)

『旅する映写機』 の撮影報告を 「映画撮影」 に書かせていただいた。掲載号が、なんと、200号! 昭和37年から発行が続いているという歴史ある業界誌です。 ... 続きを読む

[2014/03/21(Fri)]

「映画テレビ技術」に原稿を書きました! / 2014年02月13日(Thu)

『旅する映写機』の試写会にお出かけくださった 「映画テレビ技術」の編集の方のお勧めで原稿を書いたので転載します。 ■発端・旅する映写機との出会い■  発端は、2011年に私が製作・監督・撮影をした記録映画『小さな町の小さな映画館』の撮影中に出会った映写機だった。映画の主人公である北海道浦河町にある「大黒座」で活躍していた映写機は、かつて札幌にあった名画座「ジャブ70ホール」から旅してきた映写機だった。映写機が旅するなんて私は知らなかった。びっくりした。そして、旅する映写機の映画を作ろうと思った。タイトルもすぐに『旅する映写機』と決めた。... 続きを読む

[2014/02/17(Mon)]

編集日記3 / 2013年04月21日(Sun)

四宮鉄男さんの編集日記が次々と更新されています。現実の編集は、現在3分の2くらいまで進んでいます。まだまだであり、もう少しであり・・・という状況です。今日の編集日記は、3つ目のシーン松山の「シネマルナティック」を転載します。 ***『旅する映写機』編集日記その3***... 続きを読む

[2013/04/21(Sun)]

ベクトルの方向が定まらない / 2012年05月15日(Tue)

『小さな町の小さな映画館』で出会った「大黒座」と「シネマ尾道」の映写機物語。それがきっかけで、映写機が映画館から映画館へと譲られて、長い間、大切に使われるものだと知った私。デジタル配信化の問題もあり、即、映写機を撮りたいとスタートは切ったものの、どこかでベクトルが定まらない感じがしています。 いつもはどんどん撮っていて、その中から姿を現すものを捜すのですが、今回は最初にタイトル『旅する映写機』を決めてしまったように、こういう作品にしたいという頭の固さが、私にあるのかもしれません。そんなこともあってか、どうも居心地が悪いのです。... 続きを読む

[2012/12/06(Thu)]

愛媛の「シネマルナティック」へ / 2012年04月13日(Fri)

愛媛の「シネマルナティック」を会場にして開催される「南ぎんてん映画祭」で『小さな町の小さな映画館』を上映してくださる関係でチラシが届き、“野外上映”の文字を発見して心がざわざわ。迷った末に出かけることにしました。 ご来場くださる皆さんへお礼も申し上げたいし、野外上映を撮影したいし、「南ぎんてん映画祭」の会場となる松山の「シネマルナティック」へも行ってみたいし・・・ということで、撮影のお願いをして出発しました。 ... 続きを読む

[2012/11/25(Sun)]

松山の「シネマルナティック」へ / 2012年10月29日(Mon)

今回のロケも映写技師の永吉洋介さんが手伝ってくださった。松山空港で合流して、レンタカーを借りて松山市内の「シネマルナティック」へ。 ... 続きを読む

[2012/11/02(Fri)]

野外上映を撮影する / 2012年04月14日(Sat)

「シネマルナティック」の撮影をしながら、野外上映の準備の様子も撮影。昨日は雨がぱらつく天気だったので、屋根があるとは言え、皆でお天気の心配をしていました。 「私、晴れ女ですから~」と言いながら、何度も空を見上げました。 ... 続きを読む

[2012/10/15(Mon)]

ページの先頭に戻る