1. HOME
  2. あらすじ
  3. 旅したところ詳細

シアターN渋谷/シネフォワードFX-3000

詳細データ

  • 東京都渋谷区桜丘町24-4 東武富士ビル2F
  • 212,000人
  • 2005年開館 ~ 2012年閉館
上記データは2013年時点のものです。

シアターN渋谷物語

シアターN渋谷

本棚にいろいろな本が並んでいるように、いろいろな作品を上映していきたいと誕生した「シアターN渋谷」は、強烈なファンを持つ映画館として知られていました。
渋谷という立地の良い「シアターN渋谷」も、デジタル化の波に勝てず、惜しまれつつ7年で、その歴史を閉じることになりました。画像は閉館後、メッセージが書き込まれた「シアターN渋谷」のスクリーンです。

天井が低く狭い映写室に工夫を凝らして設置された映写機は、設置した技術者の加藤元治さんの手によって取り外され、現在、映写機の保存活動をされておられる加藤忠さん(「ギンレイホール」代表取締役)の倉庫に保存されることになりました。

「まさか、自分で設置した映写機を、自分で取り外すなんて、思ってもみなかった・・・」と、無念そうな加藤さん。でも、廃棄されるのではなく、倉庫に保存されることになったので少し希望が持てます。倉庫に移動し、再び動くように整備されます。
加藤元治さんは「映写機は、動かなくては映写機の意味がないからねぇ~」と呟いておられました。映写機マニアの永吉洋介さんも、この日は助手として、お手伝いをされていました。


映写機物語

シネフォワードFX-3000

詳細データ

  • シネフォワードFX-3000
  • 日本電子光学工業
  • 1995年6月製

ランプハウスが外された映写機です。まだまだ新しい感じで、映写機としては若々しい感じがします。上の大きな筒は排熱用のもの。このように見ると、随分ランプハウスが大きいことが分かります。思わず、「お疲れさまでした!」と声を掛けたくなりました。

バラバラになった映写機は、翌日、多くの人の力で運び出されました。その後、整備されて、いつでも使える状態で、倉庫で次の出番を待つことになりました。
どうか、あのカタカタという規則正しい音が、何処かで再び響くことがありますように!と祈るばかりです。

2012年、多くの映画館が閉館しました。日本の映画の発祥の地として知られる浅草の映画館「浅草名画座」「浅草新劇場」「浅草中映劇場」の3館が建物の老朽化を理由に閉館したことは、映画が変わることを象徴する出来事のように感じています。

ページの先頭に戻る